毎日の行動主義美学 Sexology of everyday life

伝書鳩が運ぶ性愛と生の文集。

「毎日のセックス学」のついでに考えたこと


f:id:djsukeroku900:20170504081509j:image
第12話。

 

賢く、素敵な皆様のブログを拝見させていただくと、身が引き締まります。

春の夜はいいです。風の、空気の匂いが心地良い。青草の匂い。土手の匂い。外でフリージャズ風のリコーダーの音が炸裂しています。…おいっ、誰か止めてくれ…

それた。

「毎日のセックス学♥️」や「…と思いますという文章」なる文を書きました。書くというのはいつも思うのですが、不思議です。感情や意識は文章に視覚化すると驚くほど整理されて、再び発見と新しいインプットが勝手に起こってまた新しいアウトプットが続き様に起こる。面白い。

死ぬまでに何がしたいですか?

急に。うーん。「セックス」

わからないものです。セックスをのぞみながら何故もっとアグレッシブに、熱情的に、ラテン的に、獣性を持って、「セックス率」を最大化させないのか?

百々のつまり、「心の底から求めていない」からか。または、単に無精か。いや、それでもやはり、負けが怖いからなのだ。

惨めな自分の姿を見たくないのだ。男なんてそんなものですね。

快活に、楽観的に、快楽を味わい。人生を終える。なんて人もいるのでしょう。

しかし、「リアル」はそう簡単に、シンプルではない。

人の心は案外複雑化するのが好きで、得意なようです。

そんな自分自身のバカらしい落とし穴、ではなくて、隠れ穴に潜んでいる場合ではない。

アニメや二次元で「抜く」の大賛成。ぼくはエスカレイヤー好きです。しかし!それだけじゃダメです。皆様。

ダブルスタンダード」です!

性風俗もいいですね。これはシンプルです。

でも、臆病風を額に、胸に受けながら、涼しい顔してデートを申し込む。とにかく、打つ。ぼくは。

そして後は、「余り望まない」

ただ女の子がそこで笑っている。揚げ物なんかを摘まんで。かわいい。何が可笑しいのか。そういう女の子との禅的世界はとても素敵で、深い。

 

ただ女の子が隣で笑う。なんて素敵で、楽しくて、うれしい事なのだろう!

 

なんて女の子って素晴らしいんだろう?

やっぱり、複雑で怖いことも男女関係にはあるし、付きものだろうけど、こんなに素敵な瞬間は他にはありません。断言。

 

ぼくの周りにいてくれる女性には特にありがとう。

これから逢う女性の皆様、先に言っておきますね。ありがとう。

 

って何書いてんだろう。飲み過ぎだ。

女性に限らず、分かりあえて、楽しく笑える関係の奇跡に、普段気にしないのですが、本当に圧倒されますね!本当にうれしい圧倒。

 

野郎の皆様、口説きましょう。

女性の皆様、どうかよろしくお願いいたします♥️

この世の奇跡。この世界にいられる喜び。

 

リコーダー。まだ吹いてるよ…マジか

 

今後ともよろしくお願いいたします♥️

謝々

「文、浮気おじさんという文学」第12話。

s.o1983