読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日の♥️セックス学 Sexology of everyday life

伝書鳩が運ぶ、「毎日のセックス学」の文集。

「ちょっとまったあ!」という文章。チャーミングな出題者様にとくに。

お題「非リア充の生活」




先ほど、海から戻りました。今日は暖かいです。いや、暑い!夏か!
何だか不思議なお題に引き寄せられて参りました、s.o1983です。ぼく自身はとても充実していまして、「毎日の♥️セックス学 Sexology of everyday life」なる文集で、皆様と交流させて頂いており、本当に嬉しい毎日です。すみません、「リアルに充実」しています。こんな使い方でいいのかすら分からない33歳の男です。
さて、まず、出題者の方(女性)が、とてもチャーミングだということ。はっきりと。ブログ拝見させて頂きました!はい。本当にごもっともなことです。
きっと「可愛らしい」方なんだろうなあと。文体から感じました。みいちゃんさん、不満解消には「セックス」がいい。あ、読んでくれている素敵な皆様にも!

セックスでなくとも、ぼくのブログ「毎日の♥️セックス学」では、本当に賢くて、及びもつかない皆様との、「見えない交流」があって、繋がっていて、これも「リアルに充実」ですよね?

ぼくは、ブログを書くようになって、すごく、すごく「リアルに充実」。

彼女とか、彼氏とかいなくたって充実するんです。
社会がムカついたら、社会をぶっ壊す方法が見つからなかったら、彼女、彼氏と、セックス。
セックスの世界は本当に素晴らしい。
特に女性にとって。

ふうっ。勇気を込めて、よしっ!
「男性に!女がリアルに充実してないなら、そりゃ男のせいだあ!」

うげえ。言ってしまいました。
ただ、「リアルに充実」の定義は、個々人のレパートリーですよね。何だっていいとも思うのです。

楽しいことって実はいっぱいあります。
「非リア充」な生活なんて、そんな…
人生はきっと、多分、絶対に短い。
だからこそ、楽しく、快活に、ワケわからん好奇心をもって、残された時間を「リア充」させましょう。生き方に、教科書なんてないし、そんなものが仮にあったとすれば、それこそ「非リア充な生活」の「教科書」でしょう。
何だっていいんです。

お題の意図から外れてましたらすみません。

「毎日の♥️セックス学 Sexology of everyday life」
著者s.o1983

皆様、自分を楽しんで。
チャーミングな出題者様にとくに。

今回もありがとうございました♥️