毎日の行動主義美学 Sexology of everyday life

伝書鳩が運ぶ性愛と生の文集。

恋人同士と、ぶきっちょな愛を!魔法を!【改定、増補版】

第23話。
f:id:djsukeroku900:20170609221100j:image
恋人同士になる前には、相手を想う時間と、付き合ってもらえる確率は「反比例」する。

また、考えている時間と、具体的な恋愛行動をする確率も「反比例」する。

相手のことを夢想する時間と、現実の彼女、彼氏のとる行動に落胆する確率は、「比例」する。

考えたり、夢想する時間は、弱い。ひとりぼっちの勝手な偏った世界だから。弱い。

 

しかし、もう恋人同士ならば、相手を夢想する、想う時間は「超大事」に変わる。

 

ひとりぼっちの世界は、いつの間にかなくなって、否応なしにいるから。相手が。

自分の世界に干渉する。恋人、他人。

うわっ。

 

さて、恋人同士になると、恋人同士の継続期間と、相手のことを考える時間は「反比例」するようだ。

 

空気のような存在というのも、まあいいものですね。それも確かにありがたい。

しかし、人間はやっぱり快楽に惹き付けられる。スリリングな性愛だったり、うれしいサプライズだったり、とろけるような甘い言葉だったり。

 それがなくなったり、感じなくなると、関係は終わったりする。または、知らん顔して、嘯く。あ、うそぶく。これは、恋の、愛の「低温火傷

 

ぼくは、男で、女性が好きです。イザナギイザナミという神さまたちが感じたように、「別の可能性」としての相手は理解し難い。

 

ぼくたちは、何か足りない自分を探しているのか?

ギリシャ神話ではアポロン神に切り裂かれた半身を求めるから。だとか…

 

それくらい熱い、業のようなものという意味か。

だから、神話では「厄災」とされるし、キリスト教の使徒や伝道師は「罪」とした。

仏教では、「女人禁制」をしいた。

 

それくらいセックスは強い。異性は強く、強く、ぼくたちを引き寄せる。

それはでも、関係は「障害」によって強くなるような気がする。

逆に。

障害があるからこそ、情念は強くなり、業になるのでは。だからこそ、「禁忌」があるのでは。

 

セックスが好き放題になれば、反って空気みたいになるかも。ただスキンシップのひとつ。つまんない運動か。

 

気になるのは、セックスの罪や悪とされるものは、女性の悪とされた。歴史によると。

まあ、ぼくは何度も言ってきたのですが、セックスが女性側のものだからということでしょう。

 

イザナギイザナミの話でも、最初にイザナミ(女)がセックスを誘って、「厄災」がおこる。アダムをそそのかすイブ。男性が作ったんでしょうな。神話ってのは。「俺は悪くない」ってか。

 

「恋愛」は強くて、美しいし、ロックだし、すべてです。

だから、「恋愛」したいのです。

 

最初は、相手のことはあまり考えず、シンプルに、相手に自分を伝える。投げ出す。

失礼のない程度に。

考えません。深く考えると、考えることなどないのですよ。

考えることは、いわば、逃げ口上。ださっ。

 

考えるのは、そのあと。

その前に考えるのは、戦術。

考えるのは、相手の「快楽」

高尚に言えば「幸せ」

 

考えるのは、恋人同士になってから。

そう、「幸せ」を。

 

セックスだけでは、繋がれませんし、継がらない。

「幸せ」を魔法のようにヒュッと隠す。

男なんだから。

女の子には、ぶきっちょな愛を、すみませんよろしくお願いいたします♥️

 

 

 

おしまい。

 

ありがとうございました。

 

イタリアンの「娼婦風パスタ」ってオマンコ風な味からネーミングがきているように確信しているSeiya*♥️です。オリーブ、アンチョビ、ケッパー、ニンニク…ほら。

 

ただ、それだけです(笑)

 

夜更かしです。タヌキのお膝元、おっぱいもんでねんねします。