若さの哀れさ。ブス化する女子高生たち。

若さの哀れさ。わかります。

 

ブス化する女子高生。

 

はい。

 

でも、哀れさというか「…おっおい…」は

大人の男にとっては多少はかわいいものです。

 

髪染めない方がいいよ。

肌キレイなんだから、下手なメイクはいらないよ。

妙なデザインのアクセサリーはやめなよ。

そのままでいい。

 

良い素材はシンプルに調理する。

 

 

実は洗練はそれほど面白くない。

 

 

哀れさに、憤りに可愛さはあるような…

歪さに生のリアルがあるような。

 

若さはきらめきです。

きらめきは長くは続きません。

 

だからこそ、無駄に自分をいじくらないで。

 

メディアとか、世間に惑わされずに。

 

若い人、かわいいです♥️

 

 

あ、aoiさん、いつも読んでいただいてありがとうございます。

この場を借りて。

これからもよろしくお願いします。

好きな音楽はなんですか?あの頃のパワーを呼び覚ませ!小沢建二さん、「ラブリー」「ドアをノックするのは誰だ?」とか。【27話つづき】


f:id:djsukeroku900:20170625211757j:image
第27話。つづき。

「今、何聴いてんの?」って聞いて、

「最近音楽聴いてない」

という知りあい、結構います。

ぼくは33です。周りの33はこの辺りが分岐点で、オヤジ化が急速に進んで、つまんない奴になったり、ぶくぶくと太って「!お、おまえ…」ってなことになったり、おもしろさのなくなった家族想いのサービスパパになったり、はたまた出世して、ちょっと話難い相手になったり、カッコいい男になってきた奴とか、全然変わんない奴とか、やはり分岐点のように思う。

 

いろいろな要因はあるだろう。

あの頃のぼくたちとは、ちょっと悲しいけどもう違うのだ。

 

時間は、人を変える。

それは自然なことだし、別に悲しむことなんて何にもなくて、自分自身にとっては楽しいことなんですが、悲しい変化ってやっぱりある。

 

で、一方で変わんない奴。

 

「好きな音楽」を聞いて答が反ってくる奴!

 

音楽聴かなくなって、ミュージシャンに熱をあげられなくなると、人生ヤバい。だいたいつまんない奴に成り下がり、元気がなくなって、排他的なネガティブシンカーになる。

わかったような事言う人とか。

これは、ぼくの意見。

 

というのは、音楽に熱中するのって、いわゆる「青春時代」

 

今なお、好きな音楽に没我できるってだけで、その人は楽しいバイブスを放つし、「あの頃」と変わらない高揚を感じているからだと思う。

 

音楽は超手頃な娯楽だし、ぼくたちを「あの頃」にあっという間に連れていく。

 

そういう人はとっても元気でおもしろい。

 

人生には、「無駄なこと」に楽しさや、生の本質が転がっているように思う。

 

ぼくは「あの頃」と同じように、小沢建二さんを歌いまくる。

 

車の中で、部屋で、爆音で聴く。

 

だから、青春してるオヤジですよ。

変わんない奴。はい。ぼく。

 

家族もいますし、生活を背負っているのは、昔と全く違うことなんですが、変わらず、バカで、自由で、自己チューで、楽しく生きています。

相変わらず女の子にはしっくはっく。

若いかわいい女の子を前にして、赤面。

 

でも、毎日、いまだに、女の子にドキドキする自分を少し可愛く思います。

 

小沢建二さんの「ラブリー」や「ドアノック」とか、名盤「LIFE」のバイブスで生きています。ぼくは。今だに!

 

 

音楽のバイブスは、生活パターン、思考パターンに大きく影響を与える気がします。

 

ぼくの思う「若いまま、変わらぬ状態」かな。

 

音楽に重なる自分の時間が、本来の自分が持っている瑞瑞しい心に戻してくれるのです。多分。

 

子供や、親や、親戚や、むかつく上司、部下のことで胸いっぱいにしないでください!

また、言い訳にしないでください!

ぼくは、いやぼくたちは、もっともっと素直に素敵に生きなければ‼️

 

悲しく、辛いことって突然に訪れるんじゃないでしょうか。

 

だから、だからこそ、

 

自分の人生は、自己チューでいいんじゃないか!

 

 

 

生命のパワーを「あの頃」のパワーを呼び覚ましましょう!

 

音楽はその一助になります。

知的に、勇気を持って、いろいろ背負って、それでも「ワイルドサイド」をあるきましょう!

 

昔好きだったCD聴いて、ロックしましょう!

 

「ぼくの心はふるえ、熱情がはねっ返る。敬虔さ。ぼくのアーバンブルーズへの貢献」

 

 

女性の腋、素敵です♥️

第25話。

 

今日の海は本当に良かった!

 

が!

ぼくのサーフ技術の未熟さから、何か無駄にしてしまったような…

 

やはり「楽しむ」為には技術、練習、忍耐が必要ですね!

 

ただ楽しいなんてないです。

 

楽しむ為の努力って、とっても大事。

 

窓明けっぱなし。

ラジオの音。おばちゃんの声、話し合い。

演歌。風が吹き込む。気持ちいい。

 

今です。

 

三島由紀夫の「行動学入門」オススメです。

 

昨日若い女の子に冷たーくされました。

うぐっ!

 

こういうことが生ですね!

 

でも、別の娘とちょっと仲良くなりました。

次は呑みに誘うのもいいなあ!

 

人生は楽しんで。

 

 ぼくが突然死んでも、このブログは残る。

 

少し嬉しいことです。

 

正直に書いていますから。

今日思ったのは、「愛され上手」と「愛し上手」が一番「人生」を素敵に、真っ当に生きるということ。

 

人を愛しましょう。

 

人生とは愛し、愛されて生きることです。

それが、神さまへの恩返しだと、ぼくは思います。

 

敵は、

愛すこと、愛を拒絶することで不幸は「自己愛」から産まれます。

 

自己愛より、他者への愛が人生にドライブをかけるのです!

その努力を。

 

 

酒を飲む。

 

世の中、捨てたもんじゃねえな。とか思う。

 

「ラブリー」

 

愛情とセックス、少しわかってきた気がします。

 

夏のボーナス。女の子。女の子に使おう。

 

男のぼくは、おまんここそが至上の愛。

 

おまんこは至上の愛です。

 

クンニリングスは信仰のあかしです!

 

(あ、おれの場合ですよ(笑))

 

あと女性の腋、大好きです♥️

 

女性ものの「フリフリトップス」って、腋見せ構造ですよね。

 

女性の腋。いいです。

 

何だか第25話。おしまい。

 

つづく。

 

 

「良い行動とぼくの美意識」


f:id:djsukeroku900:20170615233019j:image
死ぬのです。近い将来。それほど時間はありません。

あ、以前「ファントムメナス」という回で書きましたが…

 

第24話。

 

こういう現実から、目を反らさず生きると、自分の本来の姿が見えてきます。

あるはてなブロガーさんが「セックスの解放的な、肯定的な快楽を知らずに死んでいく女性は一定数いる」という記述を読んで思いました。いや、いっぱいいる気がします。

 

歴史や文化は女性の為にはありませんでした。近代にいたるまで。

その近代ですら案外疑わしい。

 

小沢建二さんは「流動体について」で、「神の手の中にあるのなら、その時々に出来ることは、宇宙の中で良いことを決意するくらいだろう」と歌いました。

 

ぼくはこのフレーズが、心の真ん中に突き刺さった。

 

死ぬのです。近い将来。

 

そう思うと、「むちゃくちゃやらなきゃ」って決意します。

 

三島由紀夫のように「行動主義」で生きたい。

そして、小沢建二の「ラブリー」のように「生」を感謝し、一生懸命生きたい。

生を肯定し、幸せをそのまま受け取り、愛を伝える。そして死ぬ。

 

余計なものはできるだけ受け入れずに、楽しいことに猛進する。しかない。

 

 

ぼくは「楽しく」という同じ硬貨の裏表に「死」を常に意識しています。

 

死は終わりで、終わりに美学を設定してはいないのですが、その分、生に美意識を持って生きたいと思うのです。

この文集もその一部です。

 

今の現状に感謝して「むちゃくちゃ」を「懸命」に生きる。

死を与えられるまでの暇潰しだからこそ、何でもアリだからこそ、もっともっと自分の人生を追求して、美意識を持って、ただなんとなく生きない。

 

歴史や文化は、怖い、冷たい、人間の澱を見せる。

人間は人間を苦しめ、殺す。女の子はレイプされる。そして殺される。赤ん坊は壁や地面に打ち付けられ死ぬ。簡単に。あとは、生ゴミの山に火をつける。

 

 神さまに祈ったところで、とんでもない暴力の前にはただ死ぬしかないのです。歴史はあまたの女性が教会で、神の前でレイプされ、殺されてきたことを伝えます。

 

ぼくにはシンプルな答が視えてます。

生きていることを懸命に、美意識を貫く。

 

現実や社会は残念ながら変わりません。

当然歴史も変わりません。

また、歴史は目の前にはないのでただぼくらは、与えられる小さな世界で奔走するしかない。

 

自分の人生の意味がわかってくるのは楽しいし、嬉しいです。

 

みなさん、勇気を出して歩かなくちゃ!

 

酒を浴びて、セックスの奉仕する。

サーフィンする。ご飯つくる。

寝る。ゴミ捨てる。子供たちに愛を伝える。

「むちゃくちゃ」する。後悔のないように。

 

自分の人生に嘘をつかず、良いことを決意して行動する!

 

皆様も是非良いことを決意して、前を向いて、太陽を浴びて、雨にうたれながら進みましょう。

 

人生は多分短いのだから。一生懸命「他人からしたら馬鹿らしいこと」に「生」があるように思います。

 

考えたように、思ったとおり生きます。

多分、躓く。

それでいいです。

行動は変化のきっかけで、「生」そのものですね。

 

 

第24話。おしまい。

恋人同士と、ぶきっちょな愛を!魔法を!【改定、増補版】

第23話。
f:id:djsukeroku900:20170609221100j:image
恋人同士になる前には、相手を想う時間と、付き合ってもらえる確率は「反比例」する。

また、考えている時間と、具体的な恋愛行動をする確率も「反比例」する。

相手のことを夢想する時間と、現実の彼女、彼氏のとる行動に落胆する確率は、「比例」する。

考えたり、夢想する時間は、弱い。ひとりぼっちの勝手な偏った世界だから。弱い。

 

しかし、もう恋人同士ならば、相手を夢想する、想う時間は「超大事」に変わる。

 

ひとりぼっちの世界は、いつの間にかなくなって、否応なしにいるから。相手が。

自分の世界に干渉する。恋人、他人。

うわっ。

 

さて、恋人同士になると、恋人同士の継続期間と、相手のことを考える時間は「反比例」するようだ。

 

空気のような存在というのも、まあいいものですね。それも確かにありがたい。

しかし、人間はやっぱり快楽に惹き付けられる。スリリングな性愛だったり、うれしいサプライズだったり、とろけるような甘い言葉だったり。

 それがなくなったり、感じなくなると、関係は終わったりする。または、知らん顔して、嘯く。あ、うそぶく。これは、恋の、愛の「低温火傷

 

ぼくは、男で、女性が好きです。イザナギイザナミという神さまたちが感じたように、「別の可能性」としての相手は理解し難い。

 

ぼくたちは、何か足りない自分を探しているのか?

ギリシャ神話ではアポロン神に切り裂かれた半身を求めるから。だとか…

 

それくらい熱い、業のようなものという意味か。

だから、神話では「厄災」とされるし、キリスト教の使徒や伝道師は「罪」とした。

仏教では、「女人禁制」をしいた。

 

それくらいセックスは強い。異性は強く、強く、ぼくたちを引き寄せる。

それはでも、関係は「障害」によって強くなるような気がする。

逆に。

障害があるからこそ、情念は強くなり、業になるのでは。だからこそ、「禁忌」があるのでは。

 

セックスが好き放題になれば、反って空気みたいになるかも。ただスキンシップのひとつ。つまんない運動か。

 

気になるのは、セックスの罪や悪とされるものは、女性の悪とされた。歴史によると。

まあ、ぼくは何度も言ってきたのですが、セックスが女性側のものだからということでしょう。

 

イザナギイザナミの話でも、最初にイザナミ(女)がセックスを誘って、「厄災」がおこる。アダムをそそのかすイブ。男性が作ったんでしょうな。神話ってのは。「俺は悪くない」ってか。

 

「恋愛」は強くて、美しいし、ロックだし、すべてです。

だから、「恋愛」したいのです。

 

最初は、相手のことはあまり考えず、シンプルに、相手に自分を伝える。投げ出す。

失礼のない程度に。

考えません。深く考えると、考えることなどないのですよ。

考えることは、いわば、逃げ口上。ださっ。

 

考えるのは、そのあと。

その前に考えるのは、戦術。

考えるのは、相手の「快楽」

高尚に言えば「幸せ」

 

考えるのは、恋人同士になってから。

そう、「幸せ」を。

 

セックスだけでは、繋がれませんし、継がらない。

「幸せ」を魔法のようにヒュッと隠す。

男なんだから。

女の子には、ぶきっちょな愛を、すみませんよろしくお願いいたします♥️

 

 

 

おしまい。

 

ありがとうございました。

 

イタリアンの「娼婦風パスタ」ってオマンコ風な味からネーミングがきているように確信しているSeiya*♥️です。オリーブ、アンチョビ、ケッパー、ニンニク…ほら。

 

ただ、それだけです(笑)

 

夜更かしです。タヌキのお膝元、おっぱいもんでねんねします。

 

 

 

次回は、「セックスとレイプ」の前に。宵山か。

発見!落語のCDって楽しいですね!

立川談志師匠いいなあ!

 

今日はとてもいい天気で、海は楽しかったです!

さて、第22話。 
f:id:djsukeroku900:20170530172658j:image

今は酒(赤ワイン)を飲みながら、公園にいます。曇ってきました。

 

素足で、土を踏みしめ、歩く。

とても気持ちいいですね。

最近のぼくは、「原始、原初」がテーマで、まあ、十分にシンプルで原初的に生きてはいます。そんで、文章書く!

うわあ、ビート的!

陰謀、隠蔽の社会、世界だとも思うのですが、こうしてそれらの恩恵でこのような文章を、想いを発信できるのですから、ある程度は感謝です。

 

サーフィンはぼくなりに良かった。

今日の海は優しくて、乗せてもらいました!

酒は…いつも素敵で、楽しいですね!

あとは、セックスするだけ。

 

昔、ぼくは、神秘的な事にあこがれがありました。インド哲学とか、宗教とかね。

でも、今は、もっと身近で、遠い、神秘的な「女性」に、やっと気がついた。本当にやっと。

あ、ハタチには遊ばれてますよ。

何かかるーく。

でも、それも楽しいです。何か。(笑)

これが、こういうことが、「人生」ですよ。

 

ぼくの足をクロオオアリが歩く。

アリって実は超エコロジスト!超地球的!尊敬します。

土の匂い、いいですね。

 

次回は、「セックスとレイプ」について勉強の上で、発信したいと思っております。

あるブロガーさんの文章を読んでいて、考えました。

 

くれぐれも皆様、レイプのようなカス行為を許さずに、ファンタジーとしてのレイプの自由を謳歌されますように!

レイプは胸くそ悪くなるクズな行為。

セックスも人生も「有難い暇潰し、オマケ」

だからこそ、美学をもちましょう!

 

この文章の読者様たちは、全然大丈夫なはず。

 

セックスにこそ、美学を。それは、女性のために。です!

 

ありがとうございました♥️

 

Sexology of everyday life/seiya*♥️

今の世界、社会の方向が不自然。それでも楽しく、生きる。

第21話。


f:id:djsukeroku900:20170525075420j:image
夢を書いたり、空想したり、妄想したり、夢想するのが好きな人は、「大人」になってしまうと、どこか「ズレる」煩わしいことを全く関係ない人に言われたり、悪意に攻撃されたりする。ふうっ

 

ぼくは、そんな攻撃的な、彼らの気持ちは、(寛容なのか、無関心なのか、「彼女ら」からはあまりない)わからない。

 

逆に、

「なぜ、そんなに現実というか、現状の中に執着するの?」

と思ったりする。

そんな中の、「ある彼」の言うことは、ぼくからすれば、退屈だ。

彼からすれば、ぼくの話は、

「そんな話程度」「大人になれ」「夢みすぎ」とか…

 

ある彼の話を聞いていると、「恐れ、怖れ」が支配しているように感じる。

そのわりに尊大である。ふうっ

 

恐れや、怖れは誰にでもついて回る事だと思うのですが、思考のパターン、ロジックが、社会的な不安感に覆われて、偏ってしまうのかも。

 

大型のカッコいいバイクを買い、高品質のロードバイクに乗り、無駄にデカイアウトドア系の車を乗り回し、(本人はアウトドア派ではありません)余計なリフォーム、挙げ句マイホーム購入と、何だか「金、買う」の連続!すごいと思うし、立派な事ですが。

 

ぼくが引っ掛かるのは、その彼がとても楽しそうに見えないことなのです。

 

まるで楽しみを探すように、モノを買っているようです。

本人の人生なので、ぼくは、それでいいと思うのですが、その彼は、富によって、おおらかに、愉快になるどころか、どんどん、攻撃性を宿し、シニカルになり、排他的になっていきました。

本当に、本当に、残念でした。

 

楽しむのも、「技術」なのかもしれません。

厳しい社会に、その思考に覆われてしまうと、本来、人が普通に持っている、「好奇心」や「想像力」は、力を縮めてしまうのでしょう。

 

セックスもそうで、原始的な事は、シンプルに真実です。

「夢想、妄想」するのも、原始的です。

 

こうやって、歴史はあって、ぼくらがいる。

生きている。好奇心を持つと、新しい「夢想、妄想」が沸き上がる。自然に。

雑草の力強さのように。

社会は、確かに除草剤を容赦なく撒き散らす。

前にも、書いたのですが対抗するには、「原始的な事」です。シンプルな心にあります。快楽にあります。愛情にあります。

 

今の世界、社会の方向こそが「不自然」なのです。

 

しかし、現実に生きなければならない、諦めちゃいけない。ふうっ

 

だから、対抗する。人がつくる素晴らしい、偉大なものである「文化」が、対抗であるように。

 

弱くても、傷ついても、楽しく、快活に、夢想して、想像して、期待する。快楽をおおらかに感謝する。

 

第22話。おしまい

 

Sexology of everyday life/seiya*♥️

 

ありがとうございました