「かりんちゃん」

ぼくたちは自由だ。
自分を束縛するのは「偽り」で「怠惰」
嘘つけ‼️

俺らは自由なんだ。
失敗から学び、心を解放すると感謝の心が生まれる。

生きてるうーという喜び。

かりんちゃんが教えてくれた、自分。

妻を愛して、子供を愛して、知らない女の子を愛す。

愛情は多いほうがいい。

関わる人も多いほうがいい。

人生はそれでも甘く、美しく、楽しくて、悲しい光を放つ。

死はぼくを甦らせ、ぼくを何処かへ解き放つ。

比喩ではなくて、実感します。
人生はどうにでもなって、人生はどうでもいい。

長いような、短いような、深いような、浅いような。

心の渇望に従順に生きる。

人生は一度だけ。

青春は何度でも。

バカらしいことは本当に素晴らしい。

バカらしく生きるのは、カッコよくて、可愛くて、美しい。

完全な自由はないけれど、心の自由は自分しだい。

感謝はたくさんの人に。

かりんちゃんは可愛く、素敵です。

ぼくは吠える犬を無視して、旅を続けます。

また、勿論、皆様に報告します。

ぼくの文章を書けるのも楽しみの一つで、案外ぼくの根幹を成しているのです。

読んで頂いた皆様にも、感謝です。

皆様、自由に、快活に、官能的に。

人生は一度だけ。

でも、青春は何度でもあります。

文豪、ヘルマン・ヘッセも言っております。

セックスは、常にリアルで、解放で、学びの場ですよね。

勘違いしないで美しい自分なりの素敵な生き方を行きます。

今回の話は、偶然の必然から出会った「かりんちゃん」に捧げます。

ある意味失敗だったその時も、新しい美しさを持つことを知りました。

いつかまた、会えると、また違った喜びを感じられるのかもしれません。

けど勿論、また悲しくなるかも。

けれど、「かりんちゃん」は素敵です。

こいつ、マジで無理だ…と思ったのですが、咀嚼してみると、やっぱり嬉しいです。

神様にありがとう。


あ、これは、ぼくの一方的な思いですよ。

ぼくの人生はぼくのものなので、自分勝手にさせていただきます。

夜の終わりに、神様にありがとう。



おしまい。